老朽化した建物の水漏れはFRPライニングで解決

水漏れする前にFRPライニングを施しておこう

水漏れしたパイプ

水漏れの対策法

メーター

FRPやライニングの水漏れは起こります。水漏れの修理に関しては、専門の業者が行ないます。
修理方法としては、修理が必要な個所の状態により修理工程が異なります。一般的には、クラックの場合は、その対象の箇所を全て切り抜くことにより、一から工程を作り直す修理法となります。クラックの程度が浅い場合は、シーリング材を流し込むことにより修復をすることが可能となっています。素人では一般的に修理法の見極めが難しいので、専門業者への依頼が一般的です。

◯業者の選択
水漏れが起こってしまったらすぐに対応をとらなければなりません。日々の生活を送るうえで、そのまま放置してしまうと生活を維持する事が出来ないからです。水道やお風呂やトイレなど、通常の生活の多くの場面で水漏れは影響します。
一戸建てであれば、自分で業者を探して修理をしてもらうのが通常と言えます。マンションの場合は管理会社に相談するのが良いでしょう。管理会社が水漏れ箇所を判明して業者に修繕依頼をするのが通常の流れと言えます。

FRPライニング工事施行のメリットについて

ガソリン

FRPはガラス繊維と樹脂から出来ています。ガラス繊維をマットにした物を使って3層程度に重ねます。ガラスマットは枚数が増えれば増える程強度が増します。ですが材料の使用量も増えていくので施工単価が上がります。この工事は貯水タンクの受水槽でなどで行われます。水槽内部を念入りに掃除してから下地処理を行い、内部の接合部をガラスマットを3枚重ねでFRPライニング施工をします。施行を行う事で水漏れの防止になると共に貯水タンク全体の補強になります。

◯分子結合剤を使用する多くのメリットについて
FRP専用の分子結合剤と言う物が有ります。これを使用する事で密着性が高くなって剥がれにくくなるので地震などの振動に強く、耐震補強としての効果が非常に高いものとなります。施工時にサンディングによる騒音や粉塵が出ないので作業を行う側にも依頼側双方にメリットがあります。施行時間が単時間で済むので効率が良く、他の工法と比較した場合に安価で済むメリットもあります。ある業者ではFRPライニングを施した施工箇所に対して保証期間を付けています。

◯貯水タンクの経年劣化と構造・劣化診断の勧め
貯水タンクは経年劣化します。目安としては設置から15年以上が経過しているタンク、貯水タンクの高さが2メートル以上あるタイプは内部水圧が高くなるのでその分劣化スピードが早まります。天井部に補強材が入っていない場合や貯水槽の底や側面の下部が膨らんでいると感じたら要注意です。ある業者は貯水タンクの清掃時に無料でタンクの構造診断と劣化診断を行っています。この診断を行えば貯水タンクの現状把握が出来るので工事を行う際の参考にする事が出来ます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930